出口汪氏 講演会へのおさそい

今年の夏、出口先生の「言葉の学校」6回セミナーに参加しました。直接出口先生の講義を受けながら、次のセミナーまでの1ヶ月「論理エンジンOS1~5」を、映像の助けを得ながら自学し、2ヶ月で論理を習得する。のこり3ヶ月で、アウトプットし、身につける。そのようなセミナーでした。その中で先生は「学んだだけで、終わってはいけない。習熟するまで学び続ける必要がある。習熟すれば、それは一生使っていける武器になる」と何度も繰り返されました。

2020年度の大学入試改革を見据えて、すでに小学校・中学校・高等学校とも、もちろん入試そのものも変わってきています。覚えた知識を答えるのではなく、自分で考えなければならないもの-創造性を問われる問題-が増えてきています。この創造力・問題解決力は、高校生になってからでは間に合うものではなく、幼児からじっくり腰をすえて学び続けることで習得できるものです。これは入試のためだけではなく、グローバル化の中で、世界の人々と共に生きていくためにも必要な力です

そこで「あんどぅフォーラム」では、出口先生をお招きし、講演会&懇親会を開催します。

先生はこれからの時代に必要な力を「論理力」、そして国語を論理の教科として捉え、その力を育成するための道筋を作る活動を長年実践されてきました。講演会では「日本の教育を根底から変えたい」という強い思いの総決算のお話をお伺いする事ができると思います。子育て中の保護者の方々(特にお父様)には必聴の講演です。ぜひ、ご両親そろってご参加ください。また、子供の教育に熱心なお知り合い、お友達をお誘いください。一人でも多くの保護者に共有してほしい、大切なテーマについてお話いただきます。

なお、講演終了後、出口先生を囲んで懇親会(無料)を予定しています。

出口汪氏 講演会へのおさそい