幼児教育研究会「ひまわり」とは

aisatsu_img2こんにちは、幼児教育勉強会「ひまわり」代表の、安藤八千代です。

私は32年間、中学校の英語教師として勤務していました。その中で公教育の限界を感じ、退職後、横浜で小さな私塾を運営しています。こうした40年以上に渡る教育者生活の中で痛感したのは、いかに幼児期の教育が重要かということです。

「つ年齢」という言葉があります。「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」…「ここのつ」、いわゆる9歳、学年で言えば小学3年生までの教育が、その子の人生に大きな影響を与えます。ある教育学者は、「幼児の教育が最も費用対効果が高い」と表現しています。

幼児教育は1私塾だけで叶うものではありません。保護者の理解と家庭での対応が不可欠です。そこで、我々教育者と保護者が協力して幼い子どもたちの成長を見守り、その教育方法を勉強するための会を立ち上げました。それが幼児教育勉強会「ひまわり」です。

「ひまわり」は、3つの要素で構成されています。「知育」「体育」「子育てCaféです。

知育は、子どもたちの知的好奇心を喚起し、想像力・思考力を伸ばすために重要な要素です。現在、考える遊び」「ことばの学校」「ウザワ式英語さんにご協力を頂いています。

体育は、子どもたちの健康を守り、健全な成長を促すために不可欠です。リムーブ」「スポーツ吹き矢/横浜支部さんのご協力をいただいています。

親学は、子どもの教育とは関係ないように思われますが、お父さん、お母さんが子育てに悩み、ストレスを感じていたのでは、子どもの健やかな成長に悪影響を及ぼします。「ひまわり」では定期的に子育てCaféを開催し、悩み相談や情報交換、専門家を招いてのセミナーや勉強会を開いています。

こうした活動を通して、教育者と保護者の架け橋となり、子どもたちの健全な成長に寄与していくことが幼児教育勉強会「ひまわり」のミッションです。趣旨にご賛同いただき、多くの方の参加を、心からお待ちしています。

 

 

提供できるサービス

 

 

コラム

あんどぅ徒然草③ 都市化が進む中で

2018年1月8日
安藤八千代 

 本質的な三つの変化の三つ目は「都市化が進む中で、多様な人々と共存できる技を身につける必要性がでてきたこと」で…

続きを読む≫

後回しにしないで欲しい、夢を叶えるために重要なこと

2017年12月16日
渡辺登代美

皆さんは、どんな夢をお持ちでしょうか?「あの中学、あの高校、あの大学に行きたい」「医師になりたい」「海外留学し…

続きを読む≫

あんどぅ徒然草② 「AI化が急速に進む中で今・・・」

2017年12月11日
安藤八千代

前回は。今起こっている本質的変化の一つ目「人生百年」をどう生きるかについてお伝えしました. 人生百年を4分割し…

続きを読む≫

 

新着情報

 

会員募集

member-boy

幼児教育勉強会では会員を募集しています。

プリントを見て「わからない」と投げ出してしまう子ども、「とにかく覚えなさい」と突き放す先生。初めて習うことに紙とえんぴつだけでは限界があります。

算数に強い子どもを育てるには、暗記型の詰め込み教育ではなく、算数の不思議な世界を自分の手で経験し、その魅力に触れてみることが大切です。

実験道具となる教具を与え、遊びの中で数理的経験をさせること、教えて覚えこませるのではなく、手と頭で考えさせて数理的感覚を伸ばす教育、幼児教育勉強会ではそんな教育を目指します。

btn-home_detail